社内行事




若獅子会の発足

平成29 年4 月1 日に『国家和菓子職1 級技能士の会』、通称『若獅子会』が発足されました。
一級菓子製造技能士の資格、資質をもつ職人が所属します。

和菓子の伝統を守り、また、和菓子の発展に貢献していく事。
お菓子の道を追求し、お菓子作りの先生を目指す事。
大きく、2つの目標を掲げ活動しています。

若獅子会の活動

●工芸菓子の製作
工芸菓子とは、菓子の材料を使用し、展示・観賞用として作られるお菓子のこと。
日本の四季や自然にあるものを表現する事が多い。
2016 年の北海道お菓子フェア開催中は、若獅子会から桜の工芸菓子2 台を出品しました。
●太鼓演奏
日本における伝統芸能の修得も活動の1つです。
祝事やイベントの際に演奏をすることがあります。

●地域深耕事業・菓子講習会への協力
お菓子作り教室の開催要請があった場合、可能な限り対応します。
お菓子教室、お菓子の実演などの活動を行っています。

●技能向上に関わる社内事業の主催
製造技能を競う選手権の主催や、菓子製造技能検定へ向けた指導を行っています。
さらなる技術向上・発展を目指し、後進の育成に励んでいます。

●製造技能選手権
当初は包餡包装選手権とし、製造スタッフ・販売スタッフ合同で 競い合っていました。
現在は、製造スタッフを対象にスピードだけでなく、技術や完成 度も追求し、より高度な技術を競い合っています。

●販売員コンテスト
販売スタッフを対象にさらなるステップアップのためのコンテストです。
学科・実技を競います。
サービストークや細かなこころくばりまでできる販売員が優勝できる最も優れた販売スキルを競うコンテストです。

TOP